ねおめろどらまてぃっく

考えてることは、占術とか心理学とかポルノとか

10年

どうも、ねおめろです。

 

戦後最大級の震災から10年。もう10年ですか。早いものです。

 

発生の瞬間は今でも鮮明に覚えています。愛知住みですが、ミヤネ屋を視聴中、まあまあ大きいなと思いながらものんびりしていたところ、ミヤネ屋のスタジオも揺れているので、驚きました。マジかと。

 

速報が流れ、震源はどこかと見れば東北の沖の方。遥か遠くの東北の地の揺れが、愛知県、更には大阪まで揺らすとは。

 

その後に、黒く濁った海が大地を瞬く間に飲み込んでいく映像を見た時は、言葉を失いました。

 

この地震が起きた時の春分図(2010年3月21日2:32)を見てみました。

 

天王星(魚座26°46)/冥王星(山羊座5°20)=土星(天秤座1°23)が地震発生の表示です。

 

地震の表示体は天王星です。突然で予期しにくいということから天王星の事象。

 

天王星/冥王星の出来事として、“人の頭に銃を突きつけるような挙動”とあり、急に死を思わせる天災である地震を連想させます。

 

土星はASCルーラーであり、その年の経験を表示する感受点として機能し、実際に、地震を基にした試練や困難をもたらしました。

 

他にも、土星/ASC(山羊座22°52)=海王星(水瓶座27°23)、火星(獅子座00°53)/海王星=MC(蠍座13°35)、海王星/冥王星=火星があって、海王星を伴うものが多くあります。

 

これらは全て、津波の表示体。土星とASCは共に経験の表示点ですから、強く海を意識させますし、火星はMCルーラーで、海がキーワードになる運をまさに物語っています。

 

2010年の春分から2011年の春分までに、地震による海に関する事象で死を連想させるものが表れてしまっていた、ということです。

 

何れにしても、数多くある現代史の中でも根深く印象づけた天災でした。

 

10年の月日が経とうとも、昨日のことかのように記憶を続けていくことが大切ですね。

 

天災と聞くと、僕はポルノグラフィティのこの曲が浮かんできます。 

∠RECEIVER

∠RECEIVER

  • provided courtesy of iTunes

 ∠RECEIVER。ブルースロックな調に、混乱する世相の中で屈しない強さを感じる詞が刺さる一曲です。良かったら聴いてみてください。この時代の真ん中を射ていて刺さります。

 

では、このあたりで。またのご来訪ありがとうございました。