ねおめろどらまてぃっく

考えてることは、占術とか心理学とかポルノとか

振り返ってみて、今日

どうも、ねおめろです。

 

季節は春のど真ん中、あっという間に暖かくなったと思いきや、もう既に暑いを感じる今日この頃です。

 

さて今回は、去年のソーラーリターンを振り返って、21年の現時点で感じている出来事を話そうと思います。

 

去年、最も感情的に記憶に残った物事というと、一言で言えば、趣味の制限です。

 

未だ消えない新型コロナ騒動。多くの人が未だ苦しみ、恐れ、呆れていると思いますが、自分に降り掛かってきたそれが原因の具体的な出来事は、楽しみがかなり削られたというもの。

 

撮り鉄、航空機撮影、カラオケ、ラーメン巡り、旅行、ギター、音楽、デュエルリンクス。自分、まぁまぁ多趣味なもので、アウトドアとインドア両方いけるんですが、まぁ楽しめなかったですね。

 

外出自粛要請(自粛というより禁止)で、上記前半部分は大幅カットですよ。何も楽しめなかったです。

 

この事象は、20年リターンにある金星(牡羊座10°35)/土星(山羊座26°49)=ASC(魚座3°38)が表示体で、楽しみ(金星)が制限(土星)されたことを感じる(ASC)という解釈。

 

直接で00°04差という極めて無いに等しい誤差ですから、これ程はっきり楽しみが無くなったという感覚になったのです。

 

オフの日はひたすらギターを弾いてました。楽しみがギターだけ。なのに、仕事での作業と弾きすぎで腱鞘炎になってしまって、これも満足に弾けず退屈に……

 

悉く“楽しみが消えた”年だったと思います。

 

といいつつも仕事の面では充実で、色々教育を受ける場面が多く任されることが増えました。

 

木星(山羊座17°01)/MC(射手座14°13)=火星(山羊座00°18)が表示体で、MCは社会的な側面と運の構造を表しますから、木星の拡大作用が仕事の面に現れたのだと思います。

 

ざっと振り返れば、去年はこんな感じでした。今までで一番楽しくなかったな。

 

今年。誕生日を迎えて一月半が過ぎ、21年リターンの序盤にいますが、とりあえず今感じることをいうと、急に楽しみが増えたことです。

 

近鉄大阪線でしか走らない車両が名古屋線で走ったり、ANAの遊覧飛行がセントレアで決定したり、昭仁さん(ポルノのVo.です)のソロライヴが決定したり、ポルノの曲がやたら使われる番組が放送されたり。

 

誕生日を過ぎて、急に楽しいことがあったり予定されたり、ちょっとウキウキしています。

 

今年のリターンには、金星(水瓶座18°15)/天王星(牡牛座7°11)=ASC(双子座27°18)があって、まさにこれの事象かな?と思います。90度ですが、まぁまぁな作用です。

 

しかし、ウキウキだけとはいかず、変に意識してしまう異性ができてしまったり、仕事が減りつつあったり、不快に思うものもあります。

 

金星/天王星には「突然の恋」の解釈もあるので、的中っていえばそうなんですが、達成を意味するMCが微妙。

 

金星/MC(魚座7°25)=太陽(水瓶座27°41)があって、成就しそうな気配はあるのですが、MC/土星(水瓶座7°03)=太陽/金星でもあるので、成就は困難。

 

また、Nで月(山羊座0°15)/金星(牡羊座11°04)=土星(水瓶座21°44)があり、金星/海王星(20°02)=ASC(乙女座1°17)もあって明らかに恋愛に不向きな表示が多いので、諦めた方がベストですし、成就しない方が良い。パートナーが居そうだし。

 

変に意識してしまうだけというのが不快。

 

仕事が減りつつあるのも嬉しくなく、これは土星/冥王星(山羊座25°43)=ASC/MCの一つでしょう。

 

仕事が喪失されているという具合。残業代稼ぎたいのに…

 

とりあえず21年リターンを迎えて一月半が過ぎましたが、既に多くの事象を感じています。

 

とはいえ、まだまだ起こるでしょうし、失うでしょう。

 

Pの中で土星/冥王星=月の真っ只中でもあるので、情緒不安定になったり鬱にもなりそうなので、精神的にもしんどくなっていくでしょうし。

 

去年と比べて楽しいことは多くなりそうでそれは嬉しいのですが、気持ちや精神が平穏にならず厄介です。

 

では、このあたりで。今日もご来訪頂きありがとうございました。