ねおめろどらまてぃっく

考えてることは、占術とか心理学とかポルノとか

映画MONSTER HUNTERレポ【ネタバレあるよ】

f:id:NeoMeloDramatic:20210407225729j:plain

引用"https://www.4gamer.net/games/384/G038423/20210226171/

どうも、ねおめろです。

 

映画版のモンスターハンター観てきました。

 

自分、かつてのPSPシリーズのモンハンをプレイしていたこともあって楽しみにしていました。予告編のグラフィックも良かったし。

 

ということで観てきたんですが、評価を4段階で測るとすれば、3です。

 

3ですが、微妙なところです。面白かったっていえば面白かったのですが、物語の作り方が残念でした。

 

純粋に狩りに行くような構成であれば最高点だったんですが。

 

物語のあらすじを話すと、ある世界でレンジャーとして活躍しているミラ・ジョヴォヴィッチ演じるアルテミスが、別の世界へ転送された後、現地のハンターと共にモンスターを狩りながら元の世界へ戻るというものです。

 

まず、異世界転送が楽しくなかったです。わざわざ転送設定はしなくても良いんじゃないかと。

 

新人のハンターがある村を訪れる、みたいな始まり方で良く、わざわざ現代の機材を使う必要は無かったと思います。

 

前半の現地のハンターと殴り合う茶番も要らなかったですね。その時間があれば、モンスターの生態や効率的な狩り方の研究などに使えたと思います。

 

その作り方の方が、モンスターハンターというゲーム、作品がどういうものなのかという紹介にもなるし、観ていてワクワクしてきます。

 

後半からモンハンらしいハンティングシーンが増えて、そのあたりから楽しくなってきました。

 

現地のハンターと共闘して黒角竜(黒ディアブロス)を討伐したところやアプケロスの観察、急に現れるガレオスをパパッと狩っちゃったり、肉焼いてたところもあって、モンハンらしさを感じました。そこは良かったです。

 

突然登場した大団長の話で、異世界同士を結ぶ遺跡があって、その遺跡を守っている番人がリオレウスという設定があるのですが、リオレウスを狩らないと元の世界に戻れないというニュアンスが微妙。

 

遺跡の存在やリオレウスを狩るというのは良いのですが、異世界同士を結んでいるというのがやはり違和感。

 

モンハンのクエストとして、“遺跡を調査している考古学者がいてその研究をしたいのに、リオレウスが邪魔で排除してほしい”みたいな設定で遺跡へ向かうという具合なら、最高だったのですが。

 

リオレウスとの戦闘中に、元の世界へ戻ったというシーンがあったんですが、リオレウスまで元の世界に迷い込み、現代の兵器と戦闘するというのも要らない。

 

元の世界へ戻らずそこでしっかり討伐して欲しかった感。

 

そんな感じで、物語の作り方が残念でならなかったんですが、グラフィックや戦闘シーンの迫力は最高でした。

 

登場したモンスターの作りが細部の細部まで作り込まれていたし、戦闘の臨場感もハラハラして興奮したし、アクションシーンは文句無し。

 

武器もボーンブレイドっぽいのとかツインダガーみたいな見た目の火属性双剣とか出てきて、ちょっと興奮しました。

 

アイルーとアイルーが作る豪華飯(アイルー飯)もあったり。

 

グラフィックや戦闘シーンで大きく評価が上がった感じです。

 

纏めると、物語さえ良ければって思わされる作品でした。本当に物語。

 

モンハンというゲームの世界観自体が、映画の物語を作るのに全く向かないという訳でもないですし、本当に忠実に再現できると思います。

 

新人のハンターがある村を訪れ、村長と出会い、任されるクエストをこなしながら、最後、空の王者と対峙してフィニッシュ、という具合にすれば充分にモンハンの世界観を壊さずに作れます。

 

最後に、登場したモンスターを紹介して終わりにしたいと思います。またのご来訪ありがとうございました。

 

ディアブロス(角竜・黒角竜)

ネルスキュラ(影蜘蛛)←こいつやたら登場します。

ガレオス(砂竜)←劇中ほんの一瞬

アプケロス(草食竜)

リオレウス(火竜)

ゴア・マガラ(?)←最後の最後の方でアイルーと対峙してます。

 

ゴア・マガラ(?)との戦闘の途中でフィニッシュしたので、続編がある?