ねおめろどらまてぃっく

考えてることは、占術とか心理学とかポルノとか

また再び

どうも、ねおめろです。

 

緊急事態宣言の延長、そして福岡と我が地元愛知も宣言の下に置かれてしまいました。

 

二度、三度と宣言するものですから、自分からすれば緊急事態宣言の乱用に見えてしまって、ただただ出せば良いなんて、軽い雰囲気の存在に感じてしまう夜。

 

さて今回は、自分の思うことをただ話すだけの回です。新型コロナウイルスについて。いや、COVID19で良いや。

 

今から話すことは真理かどうかはさておき、僕一個人の考えでしかないことを承知しておいてください。突っ掛かれても何も答えません。

 

今年も悩まされるCOVID19騒動。これを解決するには、今から話す2つのどちらかしかないと思っています。

 

1.根絶する考えを捨ててウイルスと共に生活していく

2.お金で何かを解決する考え方を捨てて全て自給自足で生活していく

 

この2つです。かなり刺激強めで乱暴すぎる方法。とてつもない痛みを伴う方法。

 

1に関していえば、ウイルスの存在を亡き者にすることは不可能だと諦めて、感染はやむ無しの覚悟を決めて、経済を回しまくって自由に生活する方法。

 

経済=お金で何かを解決するということですが、お金で何かを解決するという遥か昔からの文化が根付いている以上、ウイルスを絶つことは不可能。

 

何故なら、経済=お金で何かを解決する=他の誰かの協力を仰ぐ=人同士の接触であるため、誰かと何一つ会うことなく全くの無関与で経済を回すなんて技は到底できません。

 

そうなれば、人同士の接触はやむ無しで、ウイルスに全く感染しない保証など生じる訳がなく、接触は必要だと割りきり、覚悟して生活していくしかない。

 

それ故にウイルスの根絶などという考えを捨てて、自由に生活していく方法を思いついたのです。

 

2は、経済という概念そのものを無くして、自分に必要なものは全て自分で生産して完璧に自給自足していく方法。

 

ウイルスに感染しないという目的の達成には、人同士の接触が必然的である経済は邪魔以外の何者でもありません。

 

そう考えると、経済そのものを無くしてしまえば解決することになります。

 

経済=お金で何かを解決するという昔からの文化を無くすことで、人同士の接触は無くすことができ、ウイルスが感染する機会は失われます。

 

それ故、経済自体を無くしてしまえば、ウイルスに感染するという問題を解決できます。

 

ただ、自分に必要な生活必需品は全て、自分で生産するという自給自足は必須になります。

 

食事に必要な野菜も自分で畑を耕し、肉も0から牛を育て、携帯電話が欲しければ機種の生産と通信網も自分で賄い、移動したければ車を鉄鉱石を採掘するところから始める。

 

それくらいの覚悟で自給自足をすれば、人同士の接触を無くせてウイルスに感染しない完璧な環境を生み出せます。

 

かなりどぎつい、究極的で激しく乱暴な解決案を2つ考えてみました。

 

過去からのたくさんの文明を重ねて築き上げられた現在の価値観で考えたら、現実離れしているし狂った方法です。経済そのものを無くすなんか考えられないでしょう。

 

しかしながら、緊急事態宣言の繰り返しばかりの現実をみれば、永遠にこの騒動は絶えません。感染者増加、緊急事態宣言、感染者増加、緊急事態宣言の繰り返し。

 

どちらが良いかは述べません。それぞれの個人に委ねます。

 

まあ比較的楽なのは、ウイルスと共に生活する方かしら。

 

では、このあたりで。またのご来訪ありがとうございました。