ねおめろどらまてぃっく

考えてることは、占術とか心理学とかポルノとか

無邪気に惹かれ騒ぐ僕の心を憎めばいいんだろう

どうも、ねおめろです。

 

タイトルは、ポルノグラフィティのラインという曲の1フレーズです。付き合う前に失恋した男を唄った曲。今回はそれに近い内容の話。

 

今年の自分のソーラーリターン。ここ最近でも、アングル(ASC-DSC、MC-IC)へのコンタクトが多い年で、感情的経験や運気の構造をいつも以上に感じています。

 

COVID19の罹患は今のところありませんが、リターン内の金星/天王星=ASCと太陽/金星=土星/MC、土星/ASC=月の作用が強烈です。

 

金星/天王星を“突然の楽しみ”と見ていて、実際、一夜限りでもクレイジージャーニーの復活などの好きな番組が増えたり、A380の遊覧飛行や久々にラッピング車両を走らせるなど、カメラの趣味に関しても楽しみが増えたりして、良い感じです。

 

ただ、それだけに留まらないのが辛い部分。金星がリターン内で5室ルーラー、その5室が天秤座で人間関係に関わる、ということは……

 

好きな人ができた

 

ということです。何が辛いのか、と思うでしょうが、それは後々。

 

金星/天王星の出来事の一つに“愛の芽生え”とあります。なるほど。恋してしまうということです。

 

それを感情的に感じる出来事として、今年は経験するということが示唆されていたようです。

 

ここから、辛い部分を話します。先に述べた太陽/金星=土星/MCが答えを握っています。

 

太陽/金星の出来事に”愛の経験“とあります。とても幸せそうな響きです。

 

ここに土星/MCが接触する。土星占星術的意味を知っている人には、感づく頃でしょうか。

 

愛の経験に苦しみが現れるという事象。端的にいえば、障害や別離です。

 

好きな人ができても、障害や別離などの悲しく苦しい出来事で縁を繋げないのです。

 

自分の経験まんまを話すと、好きな人に他の好きな誰かがいることを、仲良くなる前に知ってしまったということです……

 

これの表示体が土星/ASC=月です。女性(月)のことで悲しく辛い(土星)出来事を経験する(ASC)。

 

好きな人ができても辛いだけなのはそれが理由……

 

好きな人には好きな人が他にいることを知ってしまったら、底なしにショック以外何者でもないでしょう…。

 

Nで月/金星=土星があり、金星/海王星=ASCもあるので、先天的に恋に関してはひどくセンチメンタルで傷付きやすく、苦しみが多い。そんな状況から自分に気持ちを向かせるなんて高度なこと、できる訳がない。過去にも恋は苦しさだけでした。

 

以前の恋でもう恋などするもんかって決めたのに、金星と天王星、罪が深いです。

 

金星/天王星=ASCさえなければ、恋など生まれなかったのに。その分、他の楽しみもないですが。

 

恋の苦しみから解放されるなら、他の楽しみは無くたっていい…。恋はもう考えたくない

 

次の誕生日まで残り9ヶ月。長いなぁ。しんどい。来年のソーラーリターンは類い稀なほどの幸運の表示ばかりなので、待ち遠しい。

 

では、このあたりで。またのご来訪ありがとうございました。