ねおめろどらまてぃっく

考えてることは、占術とか心理学とかポルノとか

刺激される愛情

どうも、ねおめろです。

 

前回、さや姉の好きな異性のタイプが僕かもしれないとか自惚れた話をしましたが、さや姉と自分のシナストリーをもう少し探ってみたら、こんな表示を見つけました。

 

太陽/月=太陽/金星

 

=を挟んで左がさや姉、右が僕です。0°36差で軸同士の一致。しかしこれは、出生時間がお昼頃の話。

 

太陽が2つ絡むので自家中毒と見がちですが、相性判断の場合、有効だそう。

 

これを解釈すると、僕は、さや姉のバイタリティやフィーリングといったヒューマニズムが好みという風になります。

 

前回、話した表示もひっくるめて総合解釈すると、互いに互いの好みがあるということ。つまり、さや姉も僕も、相手に自分が好む要素があるということになります。要するに両想いになりやすい。

 

いやぁ、びっくりです。まさか、さや姉とのシナストリーにこれほど親和性を示す強い表示が複数あるとは思いませんでした。まあ、互いにギターやってるし。自分は趣味ですが。

 

とはいえ、さや姉のNチャートには太陽180°天王星があり、これは不穏です。

 

男性(太陽)に対して我を押し通す(天王星)という解釈。結婚には嬉しくない表示です。離婚の相。

 

自分をどうしても押し付けてしまうので、男はへし折れて離れてしまうのです。

 

一緒にいる時間を極力減らすなど、特殊な関係が必要…。

 

今日はもう一つ話します。僕は今年、ものすごく愛情に関することで脳内が支配されている状況にいます。

 

恋を感じてから失恋までめちゃくちゃ早かったですが、その経験で恋に関してはもう懲り懲りかと思いきや、逆に異性ととても愛情を交わしたいという欲求が渦巻いている始末。恋したくて頭が…。

 

これはしっかり今年のソーラーリターンに表れていて、それは前にも話した金星/天王星=ASCが要因。

 

天王星という刺激的で派手な天体が金星を刺激しているのです。金星は愛情の表示点。

 

リターンのASCはその年の経験を示すポイントですから、天王星によって刺激されている金星を今年は強く感じるのです。

 

それ故に愛情に関して頭の中が支配されてしまっているのです。だから恋したい。

 

渦巻く愛情に悶々としている毎日です。それなのに出逢いがなく、行き場がありません。

 

金星/天王星の出来事には、ドラマティックな愛の経験とあるので、急な出逢いとか、急な恋の展開とか、ないかな…。スクエアのハーフサムだからそんなことはあり得ないのかな…。

 

フリーの女の人と出逢いがあればすぐ行動しそう。

 

では、このあたりで。またのご来訪ありがとうございました。