ねおめろどらまてぃっく

考えてることは、占術とか心理学とかポルノとか

前半か後半か

どうも、ねおめろです。

 

ポルノが9月に2年ぶりのシングルをリリース、そしてそれを表題にしたツアーの開催が決定。まだチケットが当たった訳じゃないですが、ライヴに行けるかもしれないという嬉しいニュースに心ウキウキしています。

 

さて本題。このブログでもよく話しているソーラーリターン。これはその1年の運を如実に表す図ですが、感情的に動かされる出来事をよく表しています。

 

とはいえ、1年間という期間ですから、その感情的経験が365日のいつ起こるかまではわからないのです。

 

僕がよく拝読している工藤明彦先生のブログでは、ソーラーリターンで表示される感情的経験は、多くの場合、前半の半年に実質的に経験すると話されています。

 

 

僕の場合は、そうでもないみたいで。後半が多い印象があります。

 

2019年。この年、僕はポルノの東京ドームライヴと、飛行機趣味で初めて羽田空港で飛行機の写真を撮りました。とても楽しくてその遠征両方で美味しいラーメンも頂き、幸せだった記憶があります。

 

ポルノのドームライヴは9月7日と8日、初めて羽田に行った日は12月23日。2月16日前後でリターンが変わる僕には、いずれも後半です。

 

3月にUNFADEDツアーで横浜を訪れ、吉村家でラーメンを頂いたことも幸せな記憶でしたが、それよりも先の2つの方が強い印象。

 

2018年。ポルノの広島尾道での単発ライヴに参戦、当時アプローチしていた女の子に嫌われ失恋。

 

尾道ライヴは9月8日、失恋ははっきりした日は覚えていないですが、寒くなり始めた季節だった記憶があります。いずれも後半。

 

2012年。初めて飲み会の幹事に挑戦。当時アプローチしていた女の子に嫌われ失恋。

 

恥ずかしながら、2度もアプローチに失敗して失恋していますが、幹事は10月、失恋は8~10月のどこかだった記憶。いずれも後半。

 

3例紹介してみましたが、後半が多いのです。

 

とはいっても、前半だった場合もあります。小学1年の時は4月に母親が入院し、毎日泣きじゃくっていた記憶がありますし、小学3年は両親の離婚で突然の転校が5月にありました。

 

それでも、後半の方が多い印象があります。

 

今年、今までの人生でASCとMCにコンタクトする表示が最多。8月16日から後半に入りますが、後半に経験が多い自分からすれば、まだ何かありそうで興奮しながらも強い不安に駆られています。6月に失恋しましたからね……

 

ライヴが久々にあることは凄い興奮です。嬉しいニュース。でもなぁ、失恋があった経験があるとなぁ、まだ苦痛な出来事を想像してしまう。

 

もうしんどい。平和で居させて……

 

では、このあたりで。またのご来訪ありがとうございました。